産学連携研究会

産学連携研究会について

2019年度

座長 熊平美香

ダイバーシティ経営研究会

現在、日本企業が置かれた状況を理解し、その中でなぜ今ダイバーシティが必要なのか、そして経営として「ダイバーシティ」をどう戦略に取り込んでいくべきか。その際、具体的な課題はどのようなものであり、どのように組織として取り組むべきかをディスカッションを通し考え、自社への示唆を得ることを目的とした研究会です。

座長 熊平美香
2019年度 ダイバーシティ経営研究会

2018年度以前の研究会

座長 八代尚宏

労働法制の変化と
『働き方』研究会

座長 八代尚宏

経済社会環境の変化に対応した労働法制を始めとする働き方の変革と、それに対応した、企業におけるダイバーシティの推進を目指した実現可能な施策について考える研究会で、2016年9月~2019年2月まで開催しました。
※2019年度は開催の予定はありません。

労働法制の変化と『働き方』研究会

座長 森ます美

産学連携
ダイバーシティ
研究会

座長 森ます美

「ダイバーシティの推進と女性のキャリア形成」をテーマに、会員企業の女性社員の皆様と当大学の教員・研究員との共同研究会です。
2017年、会員企業を対象に行ったアンケートの結果をまとめた冊子はこちら。

産学連携ダイバーシティ研究会

研究会レポートやセミナー・シンポジウムのお知らせ

一覧へ